1. 仏教法宝物
  2. 「熊野観心十界曼荼羅」仮巻装

「熊野観心十界曼荼羅」仮巻装

「熊野観心十界図」は、熊野比丘尼とよばれる女性宗教者が、絵を用いて民衆にわかり易く仏教の思想を教える「絵解き」に使われたものとされている。そこには地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天・声聞・緑覚・菩薩・仏の「十界」が描かれている。特に地獄の部分が大きな割合をしめているのが特徴的である。地獄界から天上界までの六つの世界は「迷いの世界」とされ、魂は生前の行いに従って、この六つの世界で生まれ変わり、(六道輪廻)を繰り返す。一方、声聞界から仏界までの四つの世界は、「悟りの世界」で、輪廻の輪から開放された仏の世界である。

「熊野観心十界図(くまのかんじんじっかいず)」より

絵の上半分の半円弧には人が生まれてから死ぬまでの姿が、その下には地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天・声聞・縁覚・菩薩・仏の「十界」が描かれている。

※絵解きを用いた新しい法話や門信徒向けの説明会にと、幅広い用途にお使いいただけます。

「熊野観心十界曼荼羅」仮巻装

絵解きを用いた新しい法話や門信徒向けの説明会にと、幅広い用途にお使いいただけます。

価格:8,640

在庫数:
在庫あり
カテゴリ:
仏教法宝物
ジャンル:
浄土宗浄土真宗真言宗曹洞宗臨済宗日蓮宗天台宗
商品コード:
H33
数量
熊野観心十界曼陀羅 仮巻装
【寸法】100cm×76cm
オフセット美術印刷
紙箱入
ISBN978-4-89480-098-4