1. 仏教法宝物
  2. 熊皮御影

熊皮御影

「鏡御影」「安城御影」と並ぶ親鸞聖人三御影の一つで凛とした風貌を見事に描き出した明宝。

聖人の寿像「安城御影」と似た形で、深い墨染の衣に濃い黒袈裟をかけ、白絹の首巻をし、横畳の上に熊皮を敷いて坐している。
写実的で細部まで克明に描かれ、肖像画のジャンルに新領域を開拓した鎌倉時代の白眉と評価されている。
画像の右上には、救世観音より夢告された示現の文として名高い「行者宿報設女犯」等四句の「六角堂夢想偈」が能筆で書かれている。
真宗影像中、これまでに見られない様式である。

熊皮御影

親鸞聖人三御影の一つで凛とした風貌を見事に描き出した明宝。

価格:432,000

在庫数:
在庫あり
カテゴリ:
仏教法宝物
商品コード:
H14
数量
重要文化財 奈良国立博物館蔵
軸寸法:217㎝×100㎝
本紙寸法:123㎝×82㎝
印刷:グラビア多色刷
紙質:特漉き鳥の子紙
箱:桐箱入